生前贈与について

 生前贈与とは、生きているうちに自分の財産を誰か(相続人以外でもよい)に譲ることです。
 自分が死亡する前に、不動産などの特定の財産を譲り渡して、将来の財産をめぐる争いが相続人間で起こ
 ることを防ぐために行われます。  また、贈与することで相続財産を減らし、相続税を抑える目的で利用され
 ることもあります。
  贈与できるものは、不動産や預金・現金などが代表的ですが、ほとんどすべての財産を贈与することができ
 ます。 なお、不動産(土地、建物)の贈与をする場合には、、贈与による名義変更の手続きを法務局に行う必
 要があります。

▲このページのトップに戻る