相続放棄の手続きについて

  相続放棄について注意することを3つほど初めにあげさせていただきます。

    @被相続人の財産を処分したり取得したりしない

    A相続を知ってから3か月以内に手続き

    B被相続人の財産、負債をしっかり調べる

 

  被相続人が多額の借金・負債を負っていた場合、相続人となると、その借金・負債も相続しなければなりま
  せん。
  しかし、「相続放棄」の手続きをすれば借金・負債を引き継ぐことはありません

  相続放棄をするには、相続が発生したことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に、「相続放棄申述書」を
   提出しなくてはなりません。
   この「相続放棄申述書」は、相続放棄をする理由相続財産の内容も記載していく必要があります。

  相続を承認するか放棄するかは、期間内にしっかり財産や負債を調査して決めなくてはいけません。

  一部だけ承認・放棄することはできず、全部を承認するか放棄するかです。

 

 また、被相続人の財産を処分・取得したり、債権者に債務の一部を支払ったり債務のあることを認めたりし
 てしまうと、相続を承認したこととみなされて相続放棄ができなくなってしまいます。
 財産の処分等には、くれぐれも注意をする必要があります。

 なお、特別の事情がある場合、3か月の期間の延長が認められることもあります。
 家庭裁判所に、期間の延長の手続きを行う必要があります。

 しかし、延長が認められるかは、家庭裁判所の判断となりますので3か月の期間内に手続きをする必要があ
 ります。

 くれぐれも、この期間には注意してください。


 相続放棄について、よくわからない点があれば専門家に相談しましょう。
 相続放棄の手続きは、やり直しがきかないのです。
  借金を負わないために、細かい点にも十分注意をして手続きをすすめることが大切です。

 当事務所にも気軽にご相談ください。

 

相続放棄の手続きの流れと必要書類

  • 相続放棄の手続きの流れ 

    1) 戸籍や住民票等の申立書の添付書類と市区役所で取得します。
      (被相続人(亡くなった方)と相続放棄をする人の関係によって必要な戸籍等が異なりますのでよく
       確認をする必要があります。 また、戸籍の取得に時間がかかる場合があるので注意して下さい。)
                             ↓               

    2)相続放棄申述書を作成します。
      (申述書の用紙は、裁判所のホームページから取得できます。 申述書には、被相続人の相続財産を
      記載する欄がありますので事前にわかる範囲で調べておく必要があります。 )
                             ↓   
    3)家庭裁判所へ相続放棄の申立てを行います。
      (郵送で申立を行うことも出来ます。 申立先の家庭裁判所は、被相続人の最後の住所地を管轄する
       家庭裁判所となっています。 提出前に申立書のコピーをとっておきましょう。)  
                              ↓  
    4)家庭裁判所から「照会書」が送付されてきます。
      (回答の期限がありますので、確認のうえ必ず期限までに返送しなくてはなりません。)
                             ↓ 
    5)照会書を返送後、問題がなければ、家庭裁判所で相続放棄の申述が受理され、「相続放棄申述受 
      理通知書」が送られてきます。
      (この相続放棄申述受理通知書が送付されますと手続きは完了したことになります。)
                             ↓    
    6)債権者に相続放棄をしたことを知らせるため、必要な場合は「相続放棄申述受理証明書」 の交付
      を申請します。
      (債権者には、この相続放棄申述受理証明書の写しを送付すれば十分です。 相続放棄申述受理通
      知書は再発行されないので債権者には送付しないように注意をして下さい。)
     
     
  •  

 相続放棄の必要書類 

   ■ 相続放棄申述書

   ■ 被相続人(亡くなった方)の戸籍・除籍謄本。
     被相続人(亡くなった方)の住民票の除票または戸籍の附票

   ■申述人(相続人)・法定代理人等の戸籍謄本

   ■収入印紙(申述人1名につき800円分)

   ■郵便切手(郵便切手の金額・種類については、家庭裁判所に事前に確認して下さい。)

   ※なお、必要書類は、担当の家庭裁判所によって異なる場合がありますので予め問合せのうえ
     ご確認下さい。)

▲このページのトップに戻る