一人で悩まず、専門家にご相談ください。

 借金の問題。

 家族にも打ち明けられず、不安を抱えている方。

 一人で悩んでいるだけでは、解決になりません。

 相談に乗ることができる専門家があなたの近くにいます。

 法律の専門家というと、相談しにくいと思う方も多いでしょう。

 でも、そんな心配はありません。

 司法書士は、「まちかどの法律家」として市民の方にも身近な存在です。

 また、守秘義務が法律で課せられています。

 安心してご相談ください。

 あなたに合った解決策がきっとあります。

 しっかりお話をお伺いし、最善の提案をさせていただきます。

 初めの一歩を踏み出すのが遅れるほど解決は遠くなります。

 初回相談料は、無料です。

 まずは、お気軽にご連絡ください。

 

産業カウンセラーが、こんな相談に乗ります。

  サラ金、クレジットの返済が苦しい。

  完済したが、業者に払いすぎたお金、過払い金を取り戻したい。

  借りたお金で、他社の借入金を返すという自転車操業の状態になっている。

  住宅ローンの返済が、このままでは出来なくなる。

  給料が減ってしまい、ローンの返済計画がくるってきた。

  業者からの督促の電話がひんぱんにかかってきている。

  借金の借入額を減らす方法があると聞いたが、よくわからない。

 

 

 こんな悩みをお持ちの方も多いでしょう。

 今起こっている問題について、しっかりとお話をお聞きします。

 そして、依頼者の方と一緒になって、解決に向けてがんばっていきます。

 ただ、一度問題が解決しても、また同様の問題を抱えてしますことがよくあります。

 借金問題の解決は、生活全般について見つめ直すことも必要になるのです。

 そのためのハードルとなるものを一つひとつ乗り越えていきましょう。

 当事務所では、産業カウンセラーの資格を持つ、認定司法書士が相談に乗ります。

 ちょっとだけ勇気を出して、門を叩いてください。

債務整理とは。 ベストな解決法を提案します。

  債務整理とは、多額の借金を負ってしまい、返済が困難な状態に陥っている方を

 経済的に更生させるためのいくつかの方策のことをいいます。

  

  まず、債務整理を行うことのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

  〔メリット〕

  ○貸金業者からの電話などによる取立てが止まります。

  ○取立てが止まり、一時的に支払いをしなくてもよくなるので、その間に生活を見直す

   ことができます。

  ○法定利息を超えた利息の支払いを続けていた場合、払いすぎたお金(過払い金)を

   返還請求できる場合があります。

  ○業者との交渉は、司法書士が代理人として行います。(経済的利益が140万円以下の場合)

 

  〔デメリット〕

  ○いわゆる信用 情報機関のブラックリストにのります。

   ただし、新たな借り入れが一定期間できなくなるなるだけです。

   戸籍や住民票に記載されることもありません。

 

  そして、債務整理には、「任意整理」 「個人民事再生」 「自己破産」 「特定調停」 「過払い金請求」

 といった個別の解決方法があります。

  (用語の意味については、下記の「借金問題Q&A集」の項目で説明します。)

 

   これらの中で、どれが一番最適かは、収入・支出の状況、家族構成、生活の状況等によって

 異なってきます。

  しっかりと聞き取りを行い、依頼者の方のご意向もお伺いします。

  法律用語の意味なども、わかりやすく説明します。

  そのうえで、ベストな解決法をご提案していきます。

 

  

  

 

   

  

ご相談から解決までの主な流れ

 

              
   お問合せ            
      初回相談は、無料です。 面談の日時を予約します。
     面談の際にお持ち頂きたいものをご説明します。     

                icon_arrow_s21_0705.gif


ご面談

                

     認定司法書士が、 現在の状況等についてお聞きします。
     債務整理の可否や方針について検討します。      

               icon_arrow_s21_0705.gif


    受任

 

               icon_arrow_s21_0705.gif

        

    
    「受任通知」の発送

     貸金業者等へ受任通知を発送し、取立てが一時
     的にストップします。  

               icon_arrow_s21_0705.gif  

       

取引履歴の開示請求

     貸金業者等から取引の明細を取り寄せます。

 

               icon_arrow_s21_0705.gif   

        

 利息制限法による引き直し計算       

    債務の額の確定              

   取り寄せた資料をもとに、本来の借金がいくら

   になるのかを確定します。

               icon_arrow_s21_0705.gif 

      

今後の解決策を決定

     引き直し後の債務額や収入・支出の状況等を

    総合的に判断し、具体的な解決策を提案します。

               icon_arrow_s21_0705.gif 

        

手続きの終了、解決、費用の精算             

 

 

        ※司法書士が代理人として、事件を受任することができるのは、

         紛争の目的物が140万円を超えないものに限ります。

債務整理Q&A集

「過払い金」とは、何ですか?

 
「過払い金」とは、業者にすでに払い過ぎになっているお金のことをいいます。
法律上、返済する必要がないお金なわけです。
業者に対して、その払いすぎになっているお金を返してほしいと請求できます。              

「任意整理」とは、何ですか?

 

任意整理とは、債務の返済が支払できない(支払不能)にはなっていないときの債務整理の方法

です。 裁判を利用せず、債権額の減額、弁済の方法について、代理人が債権者と交渉をすること

をいいます。

「個人民事再生」について教えてください。

 
「個人民事再生」は、裁判所の手続きを通して、借金を一部分免除します。免除後の債務については、原則3年の期間で業者に返済します。小規模個人再生と給与所得者等個人再生の2つの手続きがあります。
これらの手続きを利用について、収入についての要件など細かく決められています。
一定の条件を満たせば、住宅を手放さなくてもよいので、持ち家があるケースでは
メリットがあります。    司法書士は、裁判所への申立書類の作成のサポートをいたします。

「自己破産」とは何ですか?

 
裁判所の破産決定・免責決定により、借金を返す必要がなくなります。
借金の返済が不能な場合に、裁判所に自己破産の申立をします。
司法書士は、裁判所への申立書類の作成のサポートをします。
▲このページのトップに戻る